運動療育支援員資格認定とは

-about-

運動療育支援員資格認定では、以下の2種類を学びます。

運動遊び実践

実技を中心に、
体を動かしながら実施します。

発達障がい支援

講義で脳機能と発育発達に
ついて学びます。

それぞれのコースには、初級、中級、 上級が用意されています。保育園や幼稚園の先生・インストラクターの方、または自分の子どものために、運動遊びの実践方法や障害について学びたい方に、取得していただく講座です。運動の指導だけでなく、保育・教育に関する高度な調和スキルを有した人材を育てます。

運動遊び実践コース

笛を吹いて一列に並ばせて、技術だけを身につける先生を育てる検定ではありません。子どもたちを運動技術だけで評価するインストラクターでもありません。あらゆる場面で、子どもの発達段階に合った遊びを提供することができるプロフェッショナルを育てる検定です。

上級まで受講することで、安全で楽しい運動遊びを実施できるアレンジ力に長けた指導者になることができます。運動遊びを年間を通じて継続的に指導することができます。また、遊具や器具を活用して、ジックリと遊び込むことができる指導者になれます。初級だけでも、子どもの姿を具体的に褒めることができるようになるので、全ての子を運動好きにすることができるでしょう。

運動遊び実践コースとは

about

運動遊び実践は、他の幼児体育の資格とは違います。
技術習得だけを目的にする指導者ではありません。

子どもの発達段階に合わせた運動遊びを実践するための資格が取得できます。基本的な運動遊びを体系的に学ぶことで、発達に合った安全で楽しい指導ができるようになります。技術の習得をするための体育とは違い、習得までのプロセスを大切にした指導方法です。
私たちはこのような理念で運動遊びを実施することが評価され、これまで全国で1000ヶ所以上もの講演会を依頼されてきました。今では全国の自治体、保育園や幼稚園から高い評価をもらっています。

逆上がりをすることだけを目的にしても、それにどれほどの意味があるでしょうか。大切なのは、子どもの心を育てることです。そのために、全ての子どもを運動好きにする指導者を育てます。
初級では、跳び箱、縄跳び、逆上がりなどに繋がる一連の動きを学び、中級、上級では発達の専門家として活躍できるレベルに到達します。技術習得を目的としないといっても、卒園までにクラスの全員が逆上がり、側転ができる技術が身につきます。

運動遊び実践の特徴

feature

子どもの姿を具体的に褒められるようになります。
発達に合わせた運動遊びを、0歳から提供できるようになります。

保護者から先生まで、子どもに関わる全ての人が対象です。幼児期運動指針にも対応したカリキュラムで構成されているので、これからの保育園、幼稚園の現場で不可欠な人材を育成します。何よりも重視しているのが、全ての子どもを運動好きにすること。そのために、発達段階に合わせた運動遊びを提供する必要があります。子どもの将来につながるための基礎力をつけることが一番の目的です。

私たちの運動遊びは、最終的に体操教室に通う子たちと同等の運動技術を獲得することができます。しかし、涙を流しながら苦しさや辛さに耐えて技術を習得するのではなく、楽しく遊びの中で技術、社会性、人間関係、言語力、集中力、判断力を身につけるように導きます。

「運動遊び実践リーダー」検定とは

certificate

上級まで受講することで、安全で楽しい運動遊びを実施できる
アレンジ力に長けた指導者になることができます。

運動遊び実践リーダー検定は、子どもたちに適切な運動遊びを提供できるスペシャリストを養成する資格です。このコースを修了することで、安全で楽しめる運動遊びを実践できるようになります。運動遊びを脳科学の観点から理解し、保育園など、教育現場の先生方へ専門的な助言ができるスキルを学びます。

この検定は、長年保育や教育に携わっている先生や、他分野の専門家、そして他の人よりも一歩先を行く知識を得たい方に適しています。

上級、運動遊び実践リーダー

発達障がい支援コース

障がいのある人たちに関する知識を身につけた高度な専門職人材を育てます。

発達障がい支援コースとは

about

脳科学の研究で解明されているデータをもとに、障がいに関する知識を身につけ、適切な支援を行うことができるようになります。
障がいコースを通して、実際の支援方法だけでなく、障がいのある人たちが抱える心理的な不安や生きる上での課題や躓きを理解することによって、本質的な支援に繋がります。

発達障がい支援コースの特徴

feature

発達障がい支援コースは、放課後デイサービスに勤める支援員の方や保護者の方など、障がいのある子どもと接する機会がある方におススメです。
具体的には「発達障がい児の脳活動と健常児の脳活動の違い」「ジョギングやストレッチをした後の脳の状態」など、障がい児の脳機能について詳しく知ることができます。柳沢運動プログラムの効果とその他の支援方法を合わせて幅広い支援方法をお伝えします。

発達障がい支援コースは、このような場面で活用されます

scene

発達障がい支援コースでは、障がいに関する知識を幅広く学ぶことができるので、様々な場面で活用することが可能です。

児童の発達発育を理解することで、発達障がいの児童だけではなく定型発達の児童に対しても丁寧な指導ができるようになります。
また、子どもたちが楽しみながら必要な力や感覚、能力を養うことができるための力を身につけることができます。

上級、支援プロデューサー

コース・級

-grade-

それぞれのコースには、初級、中級、上級が用意されています。

初級

資格は、2種類のコースで構成されます。

運動遊び実践 発達障がい支援

運動遊び実践コース

実技

発達のペースが気になる子、発達障がいの子、科学的な裏付けをもって、どんな子に対しても運動遊びを提供できるスペシャリスト。発達障がいの子どもや、集団遊びを実施するためのポイントについて習得します。保育園や幼稚園で運動遊びを実践する方にオススメのコースです。このコースを習得することで、安全で楽しい運動遊びを実践することができます。療育施設の先生や指導員にもオススメです。

発達障がいコース

講義

発達障がいに関する基礎知識を深めます。発達障害の特性を学び、障害のある子の課題や躓きについての理解を深めます。
障がいに関する様々な知識を得ることにより、児童とよい関係性を築くことができるようになります。

取得できる資格

  • 運動遊び実践アシスタント
  • 支援アドバイザー

取得までの日数

  • 運動遊び実践アシスタント:半日(会場)
  • 支援アドバイザー:半日(自宅)
    ※オンラインにて概論を事前学習していただいた後に、ご参加ください。

こんな方におすすめ

チェックマーク運動指導が苦手な方
チェックマーク障がい児と接する職場で働き始めた方
チェックマーク保護者の方